您的瀏覽器版本已過時。我們建議您更新瀏覽器到最新版本。

    ゾエテックがあなたの暮らしを変える             

核心技術

ゾエテックテクノロジーはベンチャー企業です。大量な人件を使って製造に携わるのではなく、自社の特許及びアルゴリズムを活用して、生活に必要な応用情報技術を統合して、ウェアラブルデバイス生理信号計測機能を増やします。そのうち、ゾエテックの主な核心技術は図3の示すとおりの六つのアルゴリズムです。異なる応用や必要によって機能が進化していきます。

 6algorithm6algorithm

図3. ゾエテックテクノロジー六つのアルゴリズム

   

ゾエテックテクノロジーのアルゴリズム

血圧のアルゴリズム:

血圧測定の説明:

現在市販されている血圧計関係製品は主にカフ付きのものである。しかしユーザーは先ず数分間かけて呼吸を安定させなければなりません。同時に安定した座り方をしてから、測定が開始することができます。体積が大きくて持ち歩きにくい、使用の利便性が低い…ゾエテックテクノロジーはすでに血圧のアルゴリズムをウェアラブルデバイスに搭載する技術を持ち、メーカーブランドと共同開発して、カフ付き血圧計の測定効果と同じものを実現しました。新たな方法はすでに業界に認められており、商品化に着手しています。

血圧測定原理:

 photon
photon

図4. 光電容積脈波記録法イメージ図と光電容積脈波(PPG)

心電図のR波と光電容積脈波記録法のPPG波の時間で求めた結果、筋電信号のスピードが血液の流れより速いため、その時間差の特徴を利用して処理運算すれば血圧値が得られれます。

血中酸素アルゴリズム:

血中酸素測定の説明:

現在、血中酸素の計測方式として、主に反射光原理によるセンサーを挟み計測を行います。右図をご参照ください。血中酸素測定のときに,もしユーザーが爪にマニキュアを塗っていると、パルスオキシメーターが反って正確な測定値を得なくなります。また、センサーを挟む計測法にも安定的な座り方が必要であり、使用利便性がは低いです。ゾエテックテクノロジーは同時に血中酸素測定にも注目しており、相応のアルゴリズムを開発して、その機能をスマートデバイスに搭載します。

血中酸素原理:

absorption
absorption  

図5. 酸素有無別のヘモグロビンの光波長による吸收性の違い

血中酸素濃度の測定は主にヘモグロビンの酸素有無別で異なる波長の光の吸收の違いによるものです。波長の違う二種類の光線を指先に当てて、光センサーで反射光を吸収し、吸収側が受けた信号には交流信号と直流信号の成分が含まれる。

動態的な心アルゴリズム:

動態的な心アルゴリズムの説明:

光学式心拍計は人体の装着位置により、研究開発の課題も明らかに違います。現在市販されている多くの光学式心拍計は下記三つの部位に装着するものである:

A.耳(カナル型イヤホン)。

B.上腕(上腕の高いや低い位置に装着するタイプ)。

C.前腕(スマートウォッチまたはフィットネス追跡機能付きバンド)。

当社のアルゴリズムはすでに運動中の人体心拍数をウェアラブルデバイスへ伝送ですることができ、従来の靜態的な心拍数しか測れない問題を解消できる。

動態的な心アルゴリズム原理:

外部からの心拍アルゴリズムへの干渉を解消することで歩行をはじめ、ランニング、日常活動、一般的な運動において精確な心拍数を計測できます。ゾエテックのアルゴリズムは運動状態での生理測定に応用できて、同時にほかの機能との統合が可能になることで、人体の活動状態によってより完全なデータを得られます。

 

心拍変動アルゴリズム:

心拍変動アルゴリズムの説明:

現代社会において、多くの病気の原因は単なる生理的要因がもたらすのだけではないとがわかってきました。多くの病気は心理的要因による文明病です。人体の心拍は決まった速さで動くものではありません。これは「心拍変動(Heart Rate Variability,HRV)」と呼ばれます。たとえ安静、安定な状態においてもある程度の変化が現れます。この三つの分野を研究することで自主神経の活躍ぶりを知ることができます。

心拍変動アルゴリズム原理:

心臓の周期から次の周期の間は微細な変動があり、このような変動は心拍変動と呼びます(略称HRV)。心拍変動は連続する心拍間隔を分析することによって算出される方法です。光電容積脈波PPGのP波の時間間隔より換算して得られる分析の方法として、時間領域と周波数領域の二種類があります。周波数の高い領域ではしばしば副交感神經の活発程度を反映し、周波数の高い領域は交感神経の活発程度を表わします。

歩数記録アルゴリズム:

歩数記録アルゴリズムの説明:

歩数記録は一種の有効的なトレーニングのモニタリング記録手段として,すでに広くモバイルデバイスに応用されています。当社は3軸加速度センサーの特性を利用して分析し、それぞれ人間の歩行中に三つの方向の加速度変化を感知します。

歩数記録アルゴリズム原理:

個人運動には3つの座標軸を含まれており、それぞれ前向き(回転運動)、縦向き及び横向きがあります。歩数計は3軸加速度センサーを利用して、X、Y、Zという3つの座標軸に,加速度変化がもっとも大きな1つの座標軸で歩数を数え、加速度変化が小さい場合は歩数計に排除される仕組みです。

歩数を算出したあと、近似値を使って消費カロリー・心拍数を推測し、ほかのアルゴリズムを付け加えて複合的な機能を創り出します。

 

目次

特許品

Company Name: Zoetek Inc. [動心醫電股份有限公司]                                       FACEBOOK:ZoeTek-Health Monitor      

Company Address:Rm.315 , 3F ,  Guang-Hua Hall , No1 ,Sec. 3, Zhongxiao E. Rd., Taipei 10608 Taiwan , R.O.C.      

E-mail: service@zoetek.com.tw                                                                             Business Hours:09:00-18:00     Monday - Friday 

Tel: (02) 8772-5250                                                                                                  Contact Person: 林小姐

© 2014. Zoetek Inc. All Rights Reserved.